生活で必要な家事の時間短縮に注目です

生活環境の変化には十分な注意が必要です

生活で必要な家事の時間短縮に注目です 20歳前半から就職し、60歳定年を迎え、会社の温情から5年間会社に籍を起き、無事退職した男性の暮らしが、落ち着かないことで困る人が増えていると聞きます。仕事づけで40数年過ごした後、急に暇な時間を過ごすことになり、自分で何をして良いのか、解らなくなると言われます。生活習慣が、ガラリと変ることの変化に、身体も脳もついて来れないと言う人が多いと言われます。

趣味もたいした持たず来た人も多く、この年齢になってから趣味を持てと言われても、集中出来ない自分がいるようで、新しい趣味を持つには、難しいようです。良い仲間がいて、上手に誘ってくれたとしても、自身が納得いない場合には、すぐに辞めてしまうと言った、我儘さも身につけているのですから、なかなか難しいと言うことになってしまいます。

退職後は、朝もゆっくり起き、夜の寝る時間が決まっていないような生活環境に追い込まれてしまっては、今度は、認知症の心配にもなって来ることになります。日々、健康な暮らしをすることで、認知症にならないようにするものですが、張り合いのない生活環境では、アッと言う間に認知症になってしまう危険性があります。会社を退職した後も、頭を使い、身体を使うような暮らしを心がけると良いのでしょう。